>   >   >   >  恋人坂
大人のデート 東北のおすすめ夜景スポット
恋人坂の夜景塩川駅方面を望む(南西方向)
恋人坂の夜景恋人坂を望む
恋人坂の夜景愛車と夜景を望む
恋人坂の夜景恋人坂の雰囲気

 フロントガラス越しに喜多方の夜景を眺めることができる恋人坂。空を見上げれば無数の星空が広がり、名に恥じない夜景&星空スポットです。


美しさ
雰囲気
アクセス
★★★
★★★★
★★★
今夜のトワイライトタイム 16:41から15分間
他の日程で夜景の美しい時間帯を調べる


夜景ドライブ向け デート向け 室内から楽しめる 穴場スポット 説明
  • ドライブ 比較的快適な山道や湾岸ドライブも楽しめる
  • デート 雰囲気もアクセスも良く女性に喜ばれる
  • 室内 エアコンなど効いた快適な環境
  • 穴場 アクセス簡単で夜景独占 or アクセス困難だけど極上夜景



車内観賞 可(多数)
車からの徒歩 0分
施設 停車スペース

 雄国山の麓にある恋人坂は、田んぼに囲まれた道路です。なんと喜多方市役所が
 「ここは恋人坂です。ゴミを捨てるように恋人を捨てるのですか?」
 といった看板を立てております。おそらく地元の夜景スポットとして、有名になるにつれ、ゴミのポイ捨てが目立ったためでしょう。
 また喜多方市はかなり離れた場所にあるため、夜景はパノラマですが、光は少な目に感じます。しかし、周辺が田んぼであるため、星空もみごとです。ぜひ恋人坂にいったら、車から降りて、空を見上げてみてください。夜景と星空の多さに、都心に住んでいる人は、感動すると思いますよ。

公開日 2001-08-19 , 最終更新日 2013-05-17



みなさんの想い出

総合評価 ★★★★★ 2.1  ( 16件 )
 10年前から名古屋に転勤で住んでます。
5年前に喜多方市(旧塩川町)に住んでいた義父が亡くなりました。
葬儀で塩川町へ帰省した際に、妻は実父の葬儀で忙しく、初めて一人で車でふらっと出かけました。
その時、妻に35年前、『初めて会った場所、プロポーズした場所に行ってみたいな』と思い行って見てびっくりしました。
『初めてのデートで、プロポーズ』、その場所が、『恋人坂』と喜多方市が命名していました。

私は、大学卒業まで東京で育ち、会社に入社して最初に東北支店勤務となり、入社2年目の6月に、福島県熱塩加納村で施工中であるトンネル工事の現場事務として竣工の12月までの7ヶ月間、赴任することになりました。
自分の車で仙台市を出て東北自動車道で郡山ICで下り、49号線を走り、猪苗代湖をすぎ、49号線と平行した裏道を走り、塩川町に入りました。
当時は、磐越自動車道もなく、ナビもなく、スマフォもなく、道に迷い、ちょうど昼食時だったので食べ物屋に入って、聞いてみようと店を探していたら、
1件の『ルパン』という喫茶店に出くわしました。
店の前に車を止めて、中に入り、駐車場の場所をアルバイトの娘に聞き昼食をとりました。
小さな喫茶店でした。後で解りましたが、当時塩川町には喫茶店2件、コンビニ1件しかない田舎町でした。
その時、何故か、そのアルバイトの娘を見て、
『この娘と結婚したいと感じました』

トンネル施工中の現場で、残り 7ヶ月、今までの事務補助の女性には新たな職場を紹介し、短期アルバイトで事務補助の女の子を雇いました。
3ヶ月ほど過ぎた頃、当時23歳の私に恋人もいないので、20歳の事務補助の女の子が彼女を紹介してくれることになり、仕事が終わった後に車で連れて行ってもらった先が、偶然にも塩川町の喫茶店『ルパン』でした。
紹介されたのは、道を尋ね、『この娘と結婚したいな』と思った人でした。
2回目の遭遇です。
現場が完成するまで、後3ヶ月居るので付き合いたいと、その場で即申し入れをしましたが断られました。
後で知るのですが3ヶ月限定恋人に問題があったみたいです。

1ヶ月ほど経った頃、突然電話がかかって来て『たまにはコーヒーでも飲みに来て』と言われ、『デートしてくれるなら行くよ』ということで、
その日に仕事が終わり、60分くらいかけ喫茶店『ルパン』に行きました。
バイトが終わるのを待ち、3回目の遭遇で、初めてのデートを会津若松市に行き食事をしました。
その帰り、忘れもしない『恋人坂』に行き、初めてのデートでプロポーズをして、OKを貰いました。

ちょっと長くなりましたが、私にとっては生涯一番大事な思い出の場所であり、『恋人坂』と命名されていて
非常に驚きましたが、35年ほど前のことを思い出せて嬉しかったです。

話は、続くのですが、彼女に結婚の了解をもらいましたが、熱塩加納村に滞在できるのは後2ヶ月です。
毎日、仕事を終え、塩川町まで60分近くかけて車で行き、バイト後に1時間だけデートをして家に送り60分近くかけて、
熱塩加納村の事務所兼宿舎に戻る生活を日曜日以外は毎日繰り返しました。
彼女の両親にも直ぐに挨拶へ行き、結婚を前提でのお付き合いをお願いしましたが、
『東京者には嫁ぎさせたくない、転勤族は駄目、地元の役所や農協、建設業の人と結婚させたい』と認めてもらえませんでした。

トンネル工事も完成し、その後、須賀川市、郡山市、二本松市と現場事務として引越しましたが結婚の了解を義父母に貰うまでの3年間、
平日は1日も欠かさず10円玉で電話をかけ、週末はデートをし、必ず10時までには彼女を車で届けました。
『恋人坂』から始まり、3年後に結婚式を挙げ、30年が経ちました。

ちょっと長くなり申し訳ありません。
『恋人坂』と当時は名前もありませんでしたが、あの坂道があり、あの日から33年間変わらない気持ちを持続できており、幸せであり続けてます。
塩川町にあった『ルパン』の跡地が、角地の狭い敷地の更地で、ベンチが2組くらいおけるピッタリの土地で空いてました。
是非、シャレたベンチを置いて『出会いの場所』などと命名してくれたら、いいなと思います。
シンシアくんさん(2018-05-23)



E139.93402, N37.624577


近くにある夜景スポット








日中に庭園巡りはいかが? 福島県の庭園  by 姉妹サイト 庭園ガイド

 >福島県の全庭園をみる