夜景倶楽部 2017年オフ会 | こよなく夜景を愛する人へ
 >   >  2017年オフ会
 第84回 伊豆スカイラインオフ会 2017.9.30









関東屈指の夜景ドライブウエイである伊豆スカイラインとグルメを堪能するオフ会。なにげに、20年間のなかで、オフ会で伊豆スカイラインに訪れていないのが不思議なぐらいですね。

東急・日吉駅に3台のクルマが集合して、相乗りで第三京浜、西湘バイパス経由で小田原の早川漁港へ向かう。目的は「大原のアジフライ」。

「大原」は、早川漁港でひとり勝ちしている定食屋。開店40分前に訪れたが、既に5組待ち。12席しかない小さなお店のため到着80分後に着席。大きさも普通で、ルックスも普通。でも頂いてみると、外はサクサク、アジはふんわりと絶妙なバランス。レモンと塩で食べるのと堪らない!

お次は、続・城百名城に選ばれた石垣一夜城の散策。木陰では風が涼しく、秋の訪れを感じさせる。小田原方面の景色を堪能。ただ、小田原城はよーく目を凝らさないと探せません^^;

城跡散策後は、石垣一夜城の駐車場に隣接したところにはある一夜城ヨロイヅカファームへ。ヨロイヅカといえば、川島なおみの旦那さんである人気パティシエが運営するスイーツ店。入店規制がかかるほどの盛況ぶりのなか、モンブランやアイスクリームなど、皆さんいろいろなスイーツを購入して、テラスで景色を眺めながら頂く。うーん。アジフライにつづき、こちらも美味しい!

お腹が満たされたあちが、箱根ターンパイクを駆け抜け十国峠へ。ここは隣接する公園までクルマで上がると、ケーブルを利用しなくても山頂に登れます。次第に天気が回復してきて、気持ちイイ。

その後、伊豆スカイラインに点在する展望ポイントを巡りながら、滝知山展望台のフライトエリアに。ここは、伊豆スカイラインの穴場スポットで、斜面に寝転びながら、駿河湾を中心とした夜景が広がる。もちろん富士山も一望。ここで、新宿からバイクでかっ飛ばしてきたメンバーと合流。

あまりにも気持ちよすぎるところで、みんなで2時間ほどここから景色を愉しむことに。特に、この日は夕焼けが素晴らしく、雲が赤く染まる様子に感動。1年に何回も見られない光景だ。

最後は、平塚にあるデニーズで軽く懇親会。解散後はみなさんのクルマに分乗して帰宅。今回のオフ会は時間に余裕があり、まったりできましたね。朝から遅い時間まで、お付き合い頂きありがとうございました。

参加者:女性1名、男性10名
 第83回 木更津オトナの秘密基地でBBQ&工場夜景オフ会 2017.6.3









夜景倶楽部メンバーの秘密基地でのオフ会「第66回 BBQ、東京ゲートブリッジ、東京スカイツリー」から5年ぶりに、訪問させていただくことに。

秘密基地は、アクアラインを経由して木更津東ICから15分ほどの距離にあります。写真でも分かるように、とてものどかな空間で、作りたてのデッキからは、棚田のような景色が広がります。

オフ会参加者がふるさと納税でゲットした牛肉や、A4ランクの「みすじ」、さらに今回は全員が40歳以上ということもあり、野菜も沢山買い込み、「オトナの秘密基地で、オトナのBBQ」が始まります。

オトナの秘密基地は調味料がフルラインナップ。ハワイで購入したガーリックソルトや、小豆島のハーブソルトなどで肉と野菜を喰らう。う~ん、うまい!

自然を眺めながら、3時間以上掛けてダラダラとBBQを楽しむ。カアンニョイでラクジュアリーなひととき。

BBQを食べ終わったあとに、釜山オフ会に参加されたメンバーが最寄り駅に合流。都内から3.5時間もかかったようで、開口一番「韓国より遠いですよ!」(笑)

2台の車で近くのローズガーデンに場所を移す。コンパクトなローズガーデンは良く整備されている。薔薇よりも他の花の方が多いように感じたが、かわいらしい猫が沢山いて、とても癒やされた。薔薇と猫好きにはかなり満足度が高いスポットである。そんな女子的な空間に、6人のおっさん。このアンマッチなところが面白いのだ。

最後は千葉の工場夜景「養老川臨海公園」到着時はちょうどサンセットタイムで、東京湾越しの夕焼けがとても綺麗。で、これが最大のハイライト・・・

あらかじめ分かってはいたものの、工場夜景スポットとしては、工場まで離れすぎていて迫力不足。トワイライトタイムの空は美しいものの、どこか消化不良のまま撮影を終了して懇親会へなだれ込む。

居酒屋に向かうが駐車場が満車のため、夜景倶楽部オフ会で、なぜか良く行くことになる「ココス」へ変更。今回は常連さんだけとなったオフ会ですが、何気ないいろんな話を聞いているのは楽しい。また、数年後グレードアップしたオトナの秘密基地でBBQオフ会をしたいなぁ。

参加者:男性6名