>   >   >  手持ちでの窓越し夜景撮影

  • カメラを固定できない環境での夜景撮影
  • 三脚も禁止され、かつカメラをどこにも固定できない場合、手持ちで夜景撮影するしかないですよね。ただ、窓ガラス越しの撮影であれば、最終手段となるアイテムを考案しました。

    また、三脚の持ち込みが可能だったとしても、レストランでは三脚を広げるのはマナー違反ですでよね。このような時にも解決できる最終兵器的なアイテムです。

    そのアイテム名は「HOLD TUBE」と命名。材料はハンズでワンコイン(100円以内)で購入できるビニールチューブのみです。


    これをチューブの尺に沿ってカッターで切り込みを入れて、レンズフードの先端に挟み込むだけです。


    HOLD TUBEは、レンズフードの先端を滑り止め加工したような効果を発揮します。このレンズをガラス面に押しつけることにより、短時間であればレンズを固定できます。3635万画素のNikon D810でも、2~3秒であれば、ぶれずに撮影できました。もちろん、シャッターはセルフタイマーを利用します。


    このテクニックは、セキュリティチェックが厳しいニューヨークの展望室での撮影で、最終手段として考案&準備しましたが、結局使いませんでした。手作りの雲台付きプレート(この雲台については、そのうち記事作成します)で解決できたからです。

    この方法であれば、室内光の反射を防ぐ暗幕なども不要となり、極めてスマート(笑)に、窓越しでの夜景撮影を行えるでしょう。

    もちろん三脚を忘れたときに、緊急撮影方法としても利用できますので、カメラバックに、このHOLD TUBEを仕込んでおきましょうね。

    参考記事

    次章 三脚なしでカメラを固定する自作機材

      

  • 目次

  • 夜景撮影のコツ

    レタッチで仕上げる

    夜景撮影機材