>   >   >  三脚の持ち込みができない場所での夜景撮影

  • 三脚の持ち込みができない場所での夜景撮影

  • るんるん気分で夜景撮影場所に到着して、こんなマークがあると焦りますよね。そう、夜景撮影の大敵である三脚禁止マーク。そうなると、カメラを手すりなどに置いて撮影するなど、大変困難な撮影となります。

    そこで、自由雲台にプレートを取り付けた自作キットが大活躍。雲台+2,000円程度で作成でき、東急ハンズであれば、お店に加工をお願いすることができます。


    雲台の設置位置を後方にすることで、レンズを45度下方向に傾けても安定しています。



  • 制作方法
  • 東急ハンズ等で厚さ1.5cmの木板を購入。これを15cm×20cmほどにカッティング。怪我や傷防止のため四隅を斜めにカット。さらに、角から10cm・5cmの場所を中心に直径3cm、深さ1cmのところを円形にくり抜きます。(なお、円形くり抜きのサイズは、追って紹介する止めネジの仕様によって異なりますので、ご注意下さい。文中の寸法は【アマゾンオリジナル】 ETSUMI メタル止ネジII ETM-83888 に準じた寸法です。)

    その後、底面に滑り止めのウレタンを接着します。東急ハンズには両面テープのついたウレタンが販売されています。


    くり抜き面をアップします。ウレタンの切り面がぼろぼろなのはご愛敬。


    また、雲台と自作プレートを接続するために、【アマゾンオリジナル】 ETSUMI メタル止ネジII ETM-83888を利用しました。

    ちなみに、止めネジを取り付けた状態は次の通りです。



  • 注意点
  • NikonD800に、Carl Zeiss Distagon T* 3.5/18、Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25、Carl Zeiss Planar T* 1.4/50を利用していますが、支えきれないような状況はありませんでした。ただし、大型ズームレンズを利用する場合は、支えきれない可能性もあります。

    また、プレートを載せられる奥行きが狭いなど、プレートの設置環境によってはズームレンズや望遠レンズなど、全長が長いレンズは利用できない場合もあります。

    なお、東京都庁では、2016年時点ではカメラ自体を固定することを禁止されていますので、本手法を利用することはできません。


    次へ さらに、高さ調整できるようにしよう

    制作代行

    ご近所に東急ハンズが無いなど制作が困難な場合は、有償にて代行させていただきます。材料費、制作費、メタル止ネジ、送料込みで2.5万円(税別/領収書発行不可)とさせて頂きます。内訳の大半が私の人件費となり、正直高額な料金設定でお薦めできませんが、それでも必要とされている方のお力になれればと思い制作代行を用意いたしました。日数は2~4週間となります。お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

      

  • 目次

  • 夜景撮影のコツ

    レタッチで仕上げる

    夜景撮影機材