>   >   >  レイクフロント・トレイル
世界屈指の300m級超高層ビル群を眺められる遊歩道。










レイクフロント・トレイルとは

ミシガン湖沿いに南北に伸びる20km以上のトレイル。トレイルの北部エリアにあるシェッド水族館の周りを周遊するコースが、今回紹介する夜景スポットです。

ちなみにシェッド水族館は、世界最大級の屋内水族館。3万匹以上の海の生き物が展示されていて、夏休みには多くの観光客で賑わいます。



レイクフロント・トレイルからの眺め

ページ下部の地図にある青いピンをクリックすると撮影地名が表示されます。

Viewpoint#1と表示されているポイントが展望広場で、1,2枚目のような光景が楽しめます。ミレニアム公園周辺に立ち並ぶ超高層ビル群のスカイラインが広がり、トランプ・インターナショナルホテル&タワー(415m)やAONセンター(346m)が特に目立ちます。

ここから、モンロー湾沿いに伸びるレイクフロント・トレイルを散策していくと、ちょっとした階段があるポイントが見えてきます。こちらがViewpoint#2と表示されているところで、最後の写真にあるような、遠くにアドラープラネタリウム(Adler Planetarium)を確認できます。

さらに進みゆくと、Viewpoint#3に到着。ここからは4枚目の写真のような水族館越しにシカゴの超高層ビル群を楽しめます。さらに歩いて行くと、3枚目の写真のような芝生広場から夜景を楽しめます。



治安とアクセス

夜間になると人もまばらになるようなエリア。深夜の訪問は避けたいが、トワイライトタイムであれば安全なエリア。

近くに鉄道駅がないため、タクシーかバスでのアクセスになりますが、シカゴのバス(CTA)は24時間運行で鉄道より安全。シェッド水族館へはミシガン大通りを経由する146番のバスで行きます。ジョンハンコックセンターと1本で結ぶルートでもあります。







スポンサードリンク